MENU

【2023年最新】Google Analyticsのアカウント作成方法を詳しく解説

当サイトのリンクにはアフィリエイトが含まれています。
【2023年最新】Google Analyticsのアカウント作成方法を詳しく解説

Google Analyticsは、ウェブサイトやアプリのトラフィックやユーザーのデータを分析するための重要なツールです。この記事では、Google Analyticsのアカウント作成方法について説明します。

Google Analyticsアカウントを作成するには、まずGoogleアカウントを持っている必要があります。Googleアカウントがある場合は、Google Analyticsにログインすることができます。Googleアカウントがない場合は、こちらから作成してください。

目次

Google Analyticsのアカウント作成手順

google Analyticsの登録

Google Analytics(こちら)からログインをすると、以下の画面が表示されるので、①「測定を開始」をクリックします。

アカウントの設定

次に以下の画面となるので、アカウント名に②任意のアカウント名を入力し、③「次へ」をクリックします

プロパティの設定

次に④プロパティ名に任意のプロパティ名を入力し、⑤タイムゾーンと通貨を日本(初期状態はアメリカでドルです)し、⑥「次へ」をクリックします。

ビジネスの概要

次に、業種やビジネス規模など、⑦必要事項を選択し、⑧「作成」をクリックします。

利用規約同意

最後に利用規約が表示されますので、⑨「日本」に選択し、⑩「同意する」をクリックし、完了になります。

データストリームの作成

プロパティの作成が完了しましたので、トラフィックコードを取得するためにデータストリームというものを作成する必要があります。プロパティの部分のデータストリームを開くと以下のようになっていますので、①「ウェブ」をクリックします。

すると次の画面が表示されるので、②ウェブサイトのURLを入力し、③ストリーム名を入力します。

最後に④「ストリームを作成」をクリックでデータストリームの作成は完了になります。

以降の設定は適応しているテーマで設定方法が異なります。

Cocoonテーマの場合は以下の記事を参照してください。

まとめ

Google Analyticsのアカウントの作成し、データストリームを作成する方法までを解説しました。

Google Analyticsは、ウェブサイトやアプリのトラフィックやユーザーのデータを分析するための重要なツールです。Google Analyticsアカウントを作成するには、Googleアカウントを持っている必要があります。

手順としてはGoogle Analyticsのウェブサイト(こちら)にログインし、アカウント設定を行います。アカウント名、プロパティ名、タイムゾーン、通貨などの必要情報を入力し、「作成」をクリックし、最後に、利用規約に同意することで、Google Analyticsのアカウント作成が完了します。

次にホームページアドレス等の必要な情報を入力し、「ストリームを作成」をクリックすることで、データストリームの作成も完了になります。

Google Analyticsのアカウントを作成することで、ウェブサイトやアプリのトラフィックやユーザーの行動を分析することができ、ビジネスの成長に役立てることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次